躁鬱病の早期治療をして早く日常生活へ戻る

1人で悩まず、医師に相談してみましょう。躁鬱病の治療はクリニックで。

使われる薬

悩む男性

躁鬱病は早期発見、早期治療が大事

躁鬱病になると気分の高揚と落ち込みの状態が繰り返されてしまい、人によっては日常生活に支障が出てしまうこともあります。症状が浅いと自然に治ることもありますが、ほとんどの場合は状態が悪化することも多いです。躁鬱病は再発の可能性もあるので、専門機関で薬物療法と精神療法をしていく必要があります。その中でも薬物療法による治療では、その人の状態に合わせて薬の使い分けを行います。薬物療法で使われている薬は基本的に気分安定薬や抗精神病薬、抗うつ薬や睡眠薬です。気分安定薬では躁鬱病の薬としてよく利用されているもので、気分の上がり下がりの波を一定に保つようにしていきます。気持ちを安定させることができることから、躁鬱病治療のため多くの患者に使われています。また抗精神病薬では気分安定薬のように気持ちを安定する他にも、不眠の症状にも効果があります。躁鬱病になるとうつ病の症状によって眠れない人もいますが、この薬を服用することで睡眠のサポートをしてくれます。

具体的なチェック方法とは

抗うつ薬はうつ病の状態が長く続いた患者に服用するものです。この薬では気分が高揚する躁病の状態になりやすくなりますが、躁鬱病患者にはあまり使われることがないとされています。最後に睡眠薬では、不眠に悩まされる方に使用することで治療効果を発揮します。使い続けると依存性が高くなってしまうため、薬なしで睡眠をするためには少しずつ薬の量を減らしていく必要があります。躁鬱病の治療にはこうした薬が使われますが、専門医の指示の元で使用していくと早く改善していけます。

躁鬱病は一度なってしまうと症状が勝手に収まっていくことはまずありません。というのも、躁鬱病はうつ病などの病気とは違い、原因がはっきり分かっておらず、その対処法も薬物療法でしか治療ができないと言われているのです。もちろん、躁鬱病の治療のためにカウンセリングなどの心理療法を行う病院も中にはありますが、これはあくまで補助的な役割であって、治療の本筋は薬の服用にあるのです。 さらに躁鬱病は症状が進行していくうちに自分だけでなく周りの人間にも影響が出てきてしまうケースが多いため、できるだけ早い段階での治療開始が理想とされています。 躁鬱病の特徴でもある躁状態のときの言動、思考によっては仕事や日常生活にも支障が出てくるため、そうなる前の行動がカギとなってきます。

では具体的に、躁鬱病であるかどうかのチェック、治療が必要であるかどうかの確認はどうやって行えばいいのでしょうか。その方法は、やはり専門の医療機関、精神科や心療内科を受診するのが一番です。どんなに自分で躁鬱病について調べてみたところで、専門医の判断にかなうものはありません。 ただ、中には病院を受診するのが程度のものなのかどうかを判断したいという人もいるでしょう。そんな人は簡単なチェックとして、ネットなどで見つけることができる躁鬱病のチェックシートなどを使用するのもいいでしょう。基本的な質問に答えていくだけで、自身の精神状態をチェックすることができますし、そこで問題点が見つかれば専門医の診察、治療を受けてみるといのもおすすめです。