躁鬱病の早期治療をして早く日常生活へ戻る

1人で悩まず、医師に相談してみましょう。躁鬱病の治療はクリニックで。

気分の高揚

つらそうな男性

病院で受ける薬物療法

うつ病の症状では気分の落ち込みなどが多く、全てのことに対してマイナスイメージを抱いてしまいます。その原因は大半がストレスとされていますが、躁鬱病では遺伝的な問題も多くあります。そんな躁鬱病は普通のうつ病とは違って気分の高揚状態が見られます。気分が高まると自信過剰になって普段よりも行動力がアップしていきます。興奮や妄想、我慢できないなどの状態が時々過激になることもあり、人によっては他人に迷惑をかけてしまうことがあります。自分自身にとっては気分の高まりから行う行動であっても、他人にとっては迷惑なものと受け取ってしまう人もいます。こうした人間関係の崩れは改善することが難しいので、早めに躁鬱病の治療をして自分自身の気持ちを安定していく必要があるのです。

専門機関で受ける心理療法

治療方法には薬物療法や精神療法が行われており、これを適切に行うことで最適な治療をしていくことができます。軽い症状だと、あまり通常の状態と変化がないので、初期状態を見逃してしまうことがあります。普段から自分自身を見つめ直すことによって状態悪化になることなく、初期段階での治療が行なえます。またうつ病や躁鬱病になりやすい方がいるので、自分でセルフチェックを行うことで事前に症状を知ることもできます。セルフチェックは専門機関だけではなくインターネットでも簡単にチェックが可能です。現代人に増えてきているうつ病や躁鬱病は、こうした小さな取り組みから行うことによって、いつまでも健康体を維持して生活することができます。

躁鬱病の場合、治療の大半を占めることになるのがこの薬物療法です。薬物療法では基本的に現れる症状に対する治療薬と、脳に直接働きかける治療薬が用いられます。というのも、躁鬱病の場合脳内の情報伝達物質の異常分泌が症状の発端となっているケースが多いため、まずはそこから対処していくということになるのです。 もちろん、個々のケースで処方される薬は違ってきますし、その効果の強さ、副作用の強さも多少変化していきます。ですが、大抵の場合はその処方されている薬をしっかりと飲んでさえいれば、普通に日常生活を送ることもできますし、仕事も続けられます。 中には症状が進行しきって対処が難しいという例外もありますが、多くの人はこの薬物療法だけでも十分な効果を得られるのです。

躁鬱病の利用の一環として知られているものに、心理療法というものもあります。これは直接的に躁鬱病を治すというものではありませんんが、薬物療法と並行して受けることでより効果的に自分の症状と向き合うことができます。躁鬱病は原因自体ははっきりしていませんが、やはりある程度の精神的な負担を減らすことで改善が見られることもあります。ですから、通常の治療にプラスαで行っていく分にはとてもおすすめの治療方法と言えます。 心理療法は病院で行っているところもあるのですが、多くは民間の相談施設で行われています。その際、カウンセリングや相談は有料となるので利用の際はしっかりとその料金を確認しておくことをおすすめします。