躁鬱病の早期治療をして早く日常生活へ戻る

1人で悩まず、医師に相談してみましょう。躁鬱病の治療はクリニックで。

原因を知る

医師に相談する女性

躁鬱病の症状にはストレスの問題だけではなく、遺伝的な問題が高いとされています。これは研究によって結果が出ており、例えば双子の場合は片方が病気の遺伝子を持っているときは、もう片方は約90パーセントの確率でその病気になるといわれているのです。ですが原因は遺伝のみならず、環境や社会など日常生活のストレスが原因ともなっています。ストレスが少し貯まっているだけでも身体は敏感に反応してしまいます。ストレスが貯まることによって内臓機能の低下や腸内環境のトラブルなどといった問題に発展することもあります。躁鬱病はうつ病と躁病のどちらも繰り返してしまうので心身ともに疲れてしまいます。専門機関へ行って早めに治療をしていくことで、精神や肉体疲労を軽減させることができます。人によっては専門機関で治療を行わなくても自然治癒ができる人もいますが、初期状態から一気に症状悪化することもあります。

躁鬱病は自分でも気づかないことが多いので、少し自分の変化に気づいたら定期健診などで受診をすると良いです。躁鬱病でなかったとしても、もしかしたら別の病気を初期状態で発見できることもあります。どのような病気であっても早期治療をしていくことは、身体の健康を守るために大切なことです。病気になった原因を特定して専門機関で治療をしていけば、その原因を改善していきながらその人に合った治療を行なえます。躁鬱病の治療をすれば気分のコントロールをすることができます。