躁鬱病の早期治療をして早く日常生活へ戻る

1人で悩まず、医師に相談してみましょう。躁鬱病の治療はクリニックで。

TOPICS

使われる薬

躁鬱病治療では薬物療法と精神療法が行われますが、薬物療法では様々な薬を組み合わせて行います。気分安定薬や抗精神病薬、抗うつ薬、睡眠薬などには様々な効果が期待されています。

注目記事

つらそうな男性

気分の高揚

躁鬱病にはうつ病の症状だけではなく躁病の症状も現れます。躁病の症状では気分の高揚が出てきて、人によって違いますが興奮や我慢できない、妄想などの症状が現れることもありますが早めに治療をすることが大切です。

医師に相談する女性

原因を知る

遺伝的な問題も大きいとされている躁鬱病ですが、遺伝以外の原因もあります。その為、治療をしていかなければ状態が悪化してしまいます。日本全国には多くの専門機関があります。

精神的な病

躁鬱病の人が陥りやすい問題

精神的に落ち込むことや気分の高揚などは誰にでも起こることです。しかし場合によってはそれが躁鬱病の症状になっている可能性もあるので、日々の生活で自分自身を見直すことが大切です。うつ病は常に気分の落ち込みや身体のだるさなどの症状が続きますが、躁鬱病になると気分の落ち込みだけではなく気分の高揚状態も起こります。この状態が繰り返し行われることを躁鬱病といいますが、この初期状態は誰にでも起こる可能性があるものです。多くの人は自然に改善することができますが、症状が進行するとこの気分の状態が時間の経過と共に繰り返し行われます。症状がかなり進行していると他人にも迷惑かけるような言動を起こしてしまうことがあります。そうなると社会的信用を失いかねないことになるので、自分自身の状態に早く気づいて治療をすることが必要です。自分自身では気づかないことも多いこの症状ですが、他人から言われることで初めて気づくことも多いです。

治療への取り組み方と周りの対応

この躁鬱病になりやすい人は親切で真面目な人、また落ち着きがある人だとされています。家庭や仕事などの影響で躁鬱病の症状になりやすくなるので、ストレスを貯めないで負担をかけない生活を送ることが大切です。専門機関では躁鬱病に対する治療を行っていますので、症状を改善したいときには専門機関に通うことで少しずつ改善していけます。基本的には、薬物療法と精神療法の2つの治療を行っていきます。これらをその人に合わせて行うことにより症状を改善できるので、専門医の指示に従って治療を始めると良いです。

躁鬱病の人が陥りやすい問題をあげるとすれば、躁状態のときの過剰すぎる思考、言動にあります。もちろん、鬱状態のときにでも症状が進行していれば危険な面はあるのですが、躁鬱病の人の場合は鬱状態のときの反動が一気に躁状態の時に現れるので通常よりも注意する必要があるのです。 例えば症状の進行が進んでいくことで誇大妄想がひどくなり、急に無茶苦茶な挑戦をして事故やトラブルの原因となることもあります。もちろん、すべての躁鬱病の人がそうなるというわけではありませんが、実際に躁状態の時に大量の買い物をして借金を作ったり、自己中心的な行動で事故を起こしたりというケースもあるにはあるので、周りの人間も目を光らせておく必要があります。

躁鬱病なのではと疑われる症状があった場合、早急に専門の医療機関で治療を受けることをおすすめします。中には自分が躁鬱病と疑われること、治療を受けることに抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、そこで治療を拱いていては実際に症状が悪化してしまった時に後悔することになります。というのも、躁鬱病の多くは自分では頑張っている、普通に生活しているつもりでも周りには多大な迷惑をかけているというケースが多いのです。気付いた時には社会的な地位がなくなっていた、周りの信頼を失っていたなんていう人もいます。ですから、躁鬱病はそうなる前、本人はもちろんですが、周りの家族や友人もその異変に気がついた時点で治療の開始を勧めることが大切になってくるのです。